RDRAテンプレート

このページでは・・・
リレーションシップ駆動要件分析(RDRA)のモデリングをEnterprise Architectを使って行うためのテンプレートファイルをダウンロードできます。

テンプレートはRDRAの考え方に沿って予めパッケージ分けされており、各パッケージには基本要素やコメントが付けられています。 そのダイアグラムを参考に新たなダイアグラムを作成することで、素早く、整理された形でモデリングをすることができます。
テンプレートにはメニューページもあり、メニューから各ダイアグラムに素早く飛ぶこ とができます。

(dl_template_v1_2.eap)

 (テンプレートのHTML版イメージ)

テンプレート説明

go to top

テンプレートを使った新規ファイルの作成

テンプレートを使用する時は「ベースプロジェクトのコピー」をクリックします。

表示されたダイアログに新しいEAのファイル名を上段テキスト欄に入力し、テンプレートを下段のテキストランに入力します。

これでテンプレートをベースにした新しいモデルファイルが作成できます。

go to top

フォルダー構成:メニューフォルダー/レビューフォルダー

ナビゲーションは全体を概観するために用意されたものです。


●メニューフォルダーは各ダイアグラムへのメニューの役割を果たし、各ダイアグラムの位置づけを確認することができます。

作成Step

モデルの作成手順を示します。

基本ダイアグラムメニュー

要件定義の情報が含まれる各ダイアグラムのメニュー

ダイアグラム内のアイコンは要件定義フォルダー内の以下のフォルダー内のダイアグラムを指します。

システム価値、システム外部環境、システム境界、システム

関係ダイアグラムメニュー

基本ダイアグラムの各情報をつなげたダイアグラムを対象にします。

関係モデルフォルダー内のダイアグラムに対応します。

レビューメニュー

各Step(システム価値、システム外部環境、システム境界、システム)の確認ポイントを示します。同時にレビューフォルダー内のダイアグラムを指すアイコンがあります。

●レビューフォルダーはレビューの時に使えるダイアグラムを用意しています。

各Step毎のダイアグラムがあり、そのStepにおいて整合性を保つためのポイントを示しています。

作成したモデルを検証する時に使用します。

go to top

フォルダー構成:要件定義

●要件定義フォルダー内には各Stepで必要なモデル用のフォルダーが用意されています。

使用方法

開発時コンテキスト、運用時コンテキスト以外は各モデルフォルダーの中にサブフォルダーを用意しています。
新たなダイアグラムを作成する時にはフォルダー毎新規に作成します。これはダイアグラム内で追加された各アイコンの情報をそのフォルダーに集めるためです。

go to top

ダイヤグラムの位置の調整

位置調整の必要性

各ダイアグラムを追加していくと自動的にパッケージアイコンの内容が追加されてきます。それに伴いダイアグラムを見やすくなるために各アイコンの位置を調整した方が言い場合があります。

位置を調整可能にするために

このダイアグラムは位置などがずれないように、ロックされています。位置を調整する時には以下の操作を行ってロックを解除し、かつ、境界線(四角い枠)を選択可能にして位置補正します。

ロック解除

ダイヤグラムメニューの「ダイヤグラムのロック」を選択します。 ロックの有無はダイアグラムの左上(赤丸)に示されます

選択可能にする

各アイコンも選択不可になっています。それを選択可能にするために、ダイアグラム上でアイコン以外の場所においてマウスの右ボタンをクリックし「すべての要素を選択可能にする」を選択します。

go to top

作成Stepダイヤグラム

●要件定義を進めていく上での代表的なダイアグラム作成Stepを示しています。

●上から下に順番にダイアグラムを作成します。

●一通りのダイアグラムを作成した後は任意のダイアグラムから洗練化していきます。

go to top

基本ダイヤグラムメニュー

●システム価値、システム外部環境、システム境界、システムに必要なダイアグラムを示しています。
同時に各ダイアグラム間の関係と各々のダイアグラムの位置づけを示します。

go to top

関係ダイヤグラムメニュー

●基本ダイアグラムで洗い出された各情報をつなぎ合わせてたダイアグラムを表しています。

●各ダイアグラムは基本ダイアグラムとして示されたもののなかで、関係性があるとされていたところに存在します。
go to top

レビューメニュー

●各Step毎にそこで何が表されている必要があるのかを示しています。

●左肩にあるダイアグラムのアイコンはレビューフォルダ内の各ダイアグラムを指しています。

ダブルクリックすることでそのダイアグラムを表示することが出来ます。
go to top

アイコン内へのノートの表示

●アイコンの中にはノートを表示した方が分かりやすいものがあります。要求アイコン、利用シーンアイコンなどがそれにあたります。
●このような時はダイアグラムのプロパティの要素タグの中の「ノート」にチェックを入れることで、ノートをアイコンの中に表示することが出来ます。
go to top